美肌コラムsabina beauty column
2019.9.25

肌の老化の天敵!紫外線を適切に対策できるUVケア方法

こんにちは!
今日の紫外線量予報を見ると、まだまだ関東から西日本にかけては「強い」との予報です。

前回のコラムで秋冬の乾燥をテーマにお届けした「セラミド」の重要性ですが、
このセラミド、実は紫外線に対してもとっても重要なんです。

そこで残暑の厳しい地域にお住まいの方の為に、
今日のコラムでは「紫外線」をテーマにしてお届けしたいと思います!
それでは早速いってみましょう~♪

肌老化の80%は紫外線が原因!?

紫外線は、日焼けを起こすだけでなく、肌の奥深くに入り込み、ダメージを与え、いわゆるシミ、シワ、たるみなどの「光老化(ひかりろうか)」を引き起こします。
そしてなんと肌が老化する原因の実に8割はこの『紫外線』!!と言われています。

紫外線からの防御対策として、第一に紫外線を浴びないようにすることはもちろんですが、
安全で適切な日焼け止めを正しく使用することもとても大切になってきます!

「安全で適切な!ってどんな日焼け止めなの?」という声も多いかと思いますので、 ここからは日焼け止め選びのポイントをお教えしていきたいと思います(^^)

UVケア・日焼け止め選びのポイント

よくお客様から「どのようなUVケア商品が良いでしょうか?」という質問をいただきます。

毎日使うものですから、肌への負担をできるだけ少なくしつつ最適なUVケア商品を選びたいですよね。その為に大切な事は主に2つ

紫外線吸収剤が配合されていない、紫外線散乱剤を主な成分にした無香料、無着色の低刺激性のものを 選ぶ!
SPF値は20くらいで十分!

以上の二つです!特に肌があまり丈夫でない方にとってはこの二つは絶対意識して選んでいただきたい内容です。

特にSPF値については、色々なSPFの日焼け止めが売られている中、
日常の紫外線程度であれば、SPF値は20くらいで十分なんです。

というのもSPF値が高いものは有機化合物である紫外線吸収剤の含有量が高くなり、肌への負担が重くなってしまうんです!

また、人によってはSPFが高いと刺激を感じたり、かぶれを起こしやすくなります。

SPF値が高ければ良いというわけではなく、むしろSPF20くらいのものを少し厚めに塗ったり、こまめに塗りなおしたりすることがとても大切なんですよ(^^)

紫外線に強い素肌づくりの秘訣

日焼け止めUVケア選びの次は、素肌自体も紫外線に強くしていきたいですよね。

皮膚科学では、乾燥は肌の老化につながると考えています。
さらに、乾燥肌では角質のバリア機能(肌を守る力)が失われているため、紫外線が外から侵入しやすくなっていて、シミ、シワ、たるみができやすくなるんです。

だからお肌の潤いはとっても大切。
紫外線によるシミ、シワ、たるみなどの肌トラブルを防ぐためにもお肌の水分量をキープし、角質のバリア機能を高めることが必要です。

そしてそのための鍵になってくるのが「細胞間脂質」であり、その主成分の「セラミド」なんです!

セラミドは水分を閉じこめて細胞に潤いを与えたり、クッションのように細胞を支えたりして肌の潤いを保っています。

ですからセラミドが不足するとお肌のハリがなくなったり、紫外線が肌の奥に達しやすくなるので、
結果的にメラニン色素を増やしてしまい、シミになったり、真皮の繊維芽細胞にダメージを与え、シワ、たるみといった光老化が進んでしまうのです。

セラミドは表皮細胞の角化(お肌の細胞が生まれてから垢となって剥がれ落ちるまでの過程)の過程で生成されますが、その生成量は加齢とともに減少していきます。
また、紫外線や乾燥、そしてなんとストレスによってもセラミドは減少してしまうんです!

だからこそセラミド補給とUVケアを併せて行うことが
紫外線による「光老化」を防ぐことにつながるんですね (^^)

それでは本日のコラムはこれまで☆

そしてそして!これまで度々登場してきた「セラミド」についてですが、このセラミドを増やすためには具体的にどうすれば良いのか!は
いずれサビーナ美肌コラム-スキンケア編にて書いていきたいと思います!
お楽しみに♪

それではみなさん、Let’s美肌ケア~ (✿´꒳`)ノ°

CATEGORY MENU
TAG LIST