美肌コラムsabina beauty column
2019.9.30

うるおい保湿肌には必須!セラミドについて分かりやすくまとめてみました

こんにちは!

今日はこれまで何回か本コラムでもお伝えしてきました、「セラミド」についてお届けしたいと思います。

できるだけシンプルにポイントだけまとめてみたいと思いますので、
「セラミドってよく聞くけど、いまいち分からない!」
「説明もよくみかけるけど、長くて読む気にならない!

という方は、ぜひご覧ください!
それでは行ってみましょう^^

とりあえずセラミドって何なの?

ヒトの肌の表面をうるおす為、内側から水分が蒸散するのを防ぐ役割をもつ細胞を「細胞間脂質」と言います。

この細胞間脂質の約50%程度は『セラミド』からなっており、残りの細胞がコレステロールと脂肪酸です。

そして実は肌が若々しくみずみずしい状態を保つために必要とされているのが、
この『セラミド』なんです。

セラミドの機能は主に二つ、

水分を逃がさず肌の潤いをキープする保湿機能
水分の蒸散を防ぎ、外部刺激(紫外線など)から肌を守るバリア機能

があります。

そしてこのセラミドが減ってしまうと、

水分が蒸散して「保湿」できずに乾燥肌となってしまったり、「バリア機能」が正常に働かずに、肌トラブルの原因となってしまいます。

セラミドが減る原因って?

セラミドが減少する原因は 大きく分けると3つあると言われています。
一つずつ説明していくと、

加齢

セラミドは加齢と共に減少していきます。50代になると20代の時の半分にまで減少すると言われているんです( ノД`)

ターンオーバー異常

肌を美肌に保つ4つの方法とは?でもご紹介しましたが、セラミドはターンオーバーが乱れる事で減少します。これは紫外線による日焼けや炎症などによってターンオーバーが早まったり遅くなったりすることで、セラミド不足に陥るんです!

過剰な洗顔

スキンケアの基本ですが、ゴシゴシ洗顔は絶対NG!このゴシゴシ洗いで汚れと一緒にセラミドも失ってしまうんです。 ちなみに洗いあがりの肌がつっぱった感が強いようであれば、洗顔自体を見直しましょうね。

以上がセラミドの減る主な原因となります。
それぞれの原因に対してしっかり対策をとっていきたいですね!

それでは続いてはセラミド対策についてです♪

セラミド量を増やす、またはキープするにはどうすればいいの?

はい、おまたせしました!
ここからはそんな肌にとってなくてはならないセラミドを増やす為のポイントをご紹介させていただきます!

セラミドを塗る

基本的に加齢によって減少していくセラミド、洗顔や紫外線に気を付ける事は基本ですが、やはりその量を効率的に増やすには塗るか飲むかで皮膚や体内に取り入れていくしかありません。

そしてセラミドを塗る場合、ポイントとなるのがセラミドの種類と配合量です!

セラミドの種類は人の細胞間脂質と同じ構造の天然セラミド(セレブロシド)が肌への浸透性と結合性に優れているのでとてもおススメです!

そして次に大事なのはセラミドの配合量です!

実はセラミドの配合量は数%程度では全く保湿効果が無いことが分かっているんです。

しかしセラミドは高価な為、一般的な商品には1~2%程度しか含まれていないモノがほとんど。。。

「それだと意味無いでしょう!!」

と思わずつっこんでしまいたくなるものがほんとに多い。。。
セラミドの配合量自体書いてない商品もあるくらいです(><)

は!ついつい感情が表に、、、!(꒪ꇴ꒪|||)
気を取り直して!

セラミド配合化粧品を選ぶポイントのご紹介です!

ヒト型天然セラミドを選びましょう

天然セラミド、ヒト型セラミドなどとうたわれていればこのヒト型天然セラミドです。

配合量は50%以上を選びましょう

医学的に有用と認められた量は50%と言われています。

ちなみに配合量は化粧品の成分表のどこに「セラミド(セレブロシド)」が書いてあるのかもポイントです。なぜなら成分の表記順はその量が多いものから順番に表記されるからです!

以上の事を気にしてセラミド配合の化粧品を選ぶ参考にしてみてください^^

塗るセラミドのメリットデメリット
メリット:効果が割と早く現れる
デメリット:塗った部分にだけしか効果が現れない。

セラミドを飲む

最近では飲むタイプのセラミドサプリなんかもよく出回っています。
飲むタイプのセラミドは米やこんにゃく由来のグルコシルセラミドが配合されているものがほとんどですが、

配合量に関しては1800㎍(マイクログラム)以上を目安にしてください。

飲むセラミドの効果
メリット:体全体の皮膚に効果がある
デメリット:効果が出るまで時間がかかる

以上がセラミドを摂取するポイントです^^

どちらの方法もご自分の生活や性格、相性なども考えて最適な方、または両方取り入れていきたいですね(*゚▽゚)ノ

ちなみにセラミドが少ない状態の肌にいくら水分を与えても効果は薄いので、
潤い肌の基本とも言えるセラミドをしっかり育てて、お肌の根本からぷるぷる肌を実現していきましょう♪

それでは今日の美肌コラムはここまで!

See you~(´∇`)