美肌コラムsabina beauty column
2019.10.16

エイジングケアに最適コエンザイムQ10について

こんにちは!

昨日はミトコンドリアの活性によって肥満を解消する方法をお伝えしたのですが、今日のコラムでは、ミトコンドリアの活性に有効なコエンザイムQ10について、
もう少し詳しく書いていこうと思います。

それでは行ってみましょう~♪

コエンザイムQ10について

美容成分として知られ、多くの化粧品にも使われているコエンザイムQ10。

別名「エイジングケアの救世主」とも呼ばれ、心機能や代謝とも深いかかわりを持っています。

「コエンザイムQ10ってただのサプリメントかと思ってた」

という方もいらっしゃるかもしれませんが、
実はこのコエンザイムQ10は、身体を構成する60兆個にもおよぶ細胞のほとんどすべてに存在し、生命維持に欠かすことのできない成分なんです。

そして20歳をピークに、コエンザイムQ10を生み出す能力は徐々に低下していき、数が少なくなっていきます。

身体のパーツの中でも、特にコエンザイムQ10の減少率が高いのが「心臓」

心臓は、全身に血液を送り続けるために莫大なエネルギーを必要とします。

コエンザイムQ10は、エネルギーをつくるために不可欠な物質なので
不足すると、心臓の血液を送りだす能力は低下してしまいます。

その結果、慢性的な疲れやむくみ、動悸などの症状が現れたり、ひいては心疾患が引き起こされてしまう事も!

「あれ?エネルギーをつくるのはミトコンドリアじゃなかった?」

はい、その通りです。

先日のコラムでもお伝えしましたが、人間が生きていくために必要なのはエネルギー

そのエネルギーを生み出すのが体内にいるミトコンドリア

そしてそのミトコンドリアは食事から摂取した糖質や脂質を燃やしてエネルギーを生み出します。

そして実は、その糖質や脂質を燃やす時の火付け役がこの『コエンザイムQ10』なんです!

ですからミトコンドリアがエネルギーを生み出す為のエネルギーミトコンドリアのごはん、がコエンザイムQ10といったところでしょうか。

昨日のコラムでお伝えしたのは、加齢と共に減少していくミトコンドリアを増やしたり、いきいきさせたりする方法でしたが、

このコエンザイムQ10を摂取する事で、ミトコンドリアがよりパワフルに効率的にエネルギーを生み出す事ができるんですね。

ちなみに細胞内のコエンザイムQ10が多いと、エネルギーの燃焼速度が速まり、血流改善、むくみの解消、下半身肥満の改善にもつながります!

また、「美肌をつくる為のオススメ栄養素6選」でもお伝えしましたが、

コエンザイムQ10は抗酸化作用も持ち合わせていて、
ミトコンドリアで発生する活性酸素を撃退する役割があるんですよ(^-^)

注意したいコエンザイムQ10「酸化型」と「還元型」の違い

コエンザイムQ10には「酸化型」と「還元型」の2種類があります。

酸化型は一旦腸内で吸収され、酵素によて還元型に変換されて初めて働きます。

そのため、加齢やストレスによって変換能力が低下していると、せっかく摂取しても効力が発揮されません。

よって、高齢者や強いストレスを感じている人、激しいスポーツをする人などは還元型コエンザイムQ10を摂取するとよいと言われています。

ちなみに1日の摂取目安は50mg~100mg

しかし平均的な食事から得られる量はその10分の1の5mg程度らしいです。。。

食事からだけではなかなか1日の摂取量全ては賄えないため、
サプリなども活用していった方がよさそうですね!

というわけで本日は「コエンザイムQ10」についてお届けしました!
もちろんサビーナ自然化粧品でもサプリを取り扱っておりますので、ぜひお試しあれ♪

還元型コエンザイムQ101日1粒の還元型コエンザイムQ10が100mg(イワシ20匹相当)配合。世界トップレベルの製造技術による純度の高いコエンザイムQ10です。

還元型コエンザイムQ10

原因や効果、対策方法を知って効率よくスキンケアやエイジングケア、ダイエットを行っていきたいですね!

それではまた明日^^

See you~♪

CATEGORY MENU
TAG LIST