美肌コラムsabina beauty column
2019.10.17

エイジングケアの基礎知識、活性酸素と抗酸化成分について

こんにちは!
今週は健康習慣!という事でヘルスケアの内容を立て続けにお送りしております。

そして前々回くらいのコラム【美肌をつくる為のオススメ栄養素6選】 で『老化や病気の原因となる「活性酸素」を「抗酸化成分」で打ち消そう』という内容を取り上げたんですが、

「そもそも活性酸素ってなに!?」

という声がちらほらあったので、今日はこの「活性酸素」について詳しく書いてみたいと思います。
それではいってみましょ~♪

活性酸素は危険がいっぱい

はい、というわけでまず活性酸素の何がダメなのか、
について説明します。

一見すると「活性酸素」って何だか身体によさそうな響き、、、
と思っていたら大間違い!

活性酸素というのは、他の物質を酸化させる酸素のことで、この活性酸素には、ウィルスや細菌を殺菌、消毒するという良い面もあるんですが、体内で過剰に発生してしまうと、細胞や遺伝子・血管などまで酸化させてしまい、老化の要因をつくるとされています。

ようするに適量であれば身体に悪い物質に対して攻撃してくれる活性酸素が、過剰だと正常な細胞まで攻撃してしまい、身体が老朽化していってしまう

という事なんですね。

どうして活性酸素が生まれるの?

人が生きるためには酸素が必要です。
人が呼吸をして、酸素を取り込んで二酸化炭素を出す。

これは誰もが行っている事で、皆さんもご存じだと思います。

しかしこの呼吸で取り込んだ酸素のうち、約1%程度は、
活性酸素に変わってしまうんです!

でも本来であれば人間の身体には、この生まれてしまった活性酸素に対抗するために、抗酸化能力が備わっています。それが「抗酸化力」なんです。

しかし現代社会における様々な影響から、身体の対抗限度量を超える活性酸素が生み出されてしまうと、身体の細胞がこの活性酸素の影響を受けてしまい、老化や病気に繋がってしまうんです(ノД`)

活性酸素への対抗力「抗酸化酵素」

身体には本来、活性酸素を撃退する、「抗酸化酵素」が備わっていますが、この抗酸化酵素は20代がピークで年齢と共に、生産量が低下していってしまいます。

併せて今の世の中には活性酸素を生み出す原因がいっぱい!
「年々強くなっていく紫外線」「日々増え続けるストレス」「飲酒にタバコ」「至るところに存在する電磁波」などなど、便利になり続ける世の中とは裏腹に、身体へ悪影響を与えるものは日増しに増えています。

そのため、食材やサプリメントで抗酸化成分を摂取して、活性酸素から身体を守ってあげる必要があるんですね!

ちなみに抗酸化成分は酸化されやすい成分の事。身体に取り入れると、
私たちの細胞よりも先に活性酸素が酸化していってくれるので、酸化されてしまうはずだった細胞たちを守る効果があるんです。

どうですか?
抗酸化物質の必要性をさらに感じてきませんか?

ちなみに抗酸化成分を含む栄養素と食材については、過去コラムをご覧くださいね^^

まとめ

いかがでしたでしょうか?

私たちの身体を酸化させてしまう原因「活性酸素」は、取り込んだ酸素が燃焼する事で発生するもの

その活性酸素が過剰発生すると身体は老朽化していくこと

「抗酸化成分」は摂取すれば優先的に酸化していくため、身体の細胞が守られる事

このあたりがポイントですね(^-^)

酸化をできるだけ抑えて、いつまでも健康美人でいたいですね♪
それではみんなでLet’s 美肌ケア~٩(ˊᗜˋ*)و

CATEGORY MENU
TAG LIST