日焼けしたあとの誤った対処!すぐにやるべき対処法をパーツ別に紹介

スキンケア

「気をつけていたのに日焼けしてしまった!」 そんな経験、夏の間に一度や二度はありませんか?

せっかく手間とお金をかけて美白をキープしていたのに、日焼けしてしまったら今までの努力も台無しに。
せめて日焼け後にできる対処法があれば、すぐにでも試したいところ。

そこで今回は、日焼けしたらすぐにできる対処法を顔と体それぞれでご紹介したいと思います!

日焼けのダメージを最小限におさえるためには、なるべくすぐに行うことが大切。
まさに時間との勝負なので、ぜひお出かけ前やレジャーの予定がある際は目を通しておいてくださいね。

日焼けしたら最初にやるべき3つのこと

日焼けはいうまでもなく美肌の天敵。

紫外線は肌を黒くすることはもちろん、シミやそばかす、シワなどの肌トラブルを招くことになりかねません。

しかしどれだけ気をつけていても、日中陽の光を浴び続ければ日焼けを免れないこともあります。

もし日焼けしてしまったらできるだけ早く治すためにも、まずはこれからご紹介する3つのことをすぐに行ってみてください!

しっかり冷やす

日焼けをした肌は赤くなり、軽いやけどをした状態と同じ。

強い紫外線によって炎症を起こしているので、まずは鎮静のためにしっかりと冷やすようにしましょう。

冷やす際のポイントは以下の通り。

・流水で冷やす
・濡れタオルで冷やす
・氷や保冷材で冷やす
・ミネラルウォーターを霧吹きに入れてスプレーする

氷や保冷剤は冷却力が強く直接肌にあてると刺激が強く痛いこともあるので、必ずタオルで包んでから使うようにしてくださいね。

とにかく保湿する

日焼けした肌は、角層から水分がどんどん失われ通常よりも乾燥してしまいます。

冷やして鎮静したあとは、化粧水でいつも以上にしっかりと保湿をしましょう。

その際気をつけることは、肌を強くパッティングせず優しく押すように馴染ませること。

日焼け後の肌は敏感になっているので、なるべく刺激を与えないよう丁寧にケアするのがポイントです!

より効果を高めるなら、化粧水を含ませたローションパックもおすすめ。

冷蔵庫で冷やしてから使うと、クールダウン効果も期待できます。

美白ケアアイテムを使う

日焼けした肌が落ち着いてきたら、次に行うべきは予防ケア!

肌の老化が進んでシミやシワに変わる前に、美白効果のある化粧水や乳液を普段のケアに加えていきましょう。

それでも物足りなさを感じたら、美容液やパックなどスペシャルケアも取り入れてみて。

美白ケアは最低でも1ヶ月継続し、できれば夏の間中続けることでより効果を実感できます

(商品紹介)ホワイトメローエッセンス

【パーツ別】日焼けした後におすすめのケア方法

日焼けのダメージを受けるのは顔だけではありません。

夏はどうしても肌の露出が増えるので、他のパーツも一緒に日焼けしていることがほとんど。

ここでは、特に気をつけたいパーツをピックアップしておすすめのケア方法をまとめました!

肩・デコルテ

体のなかでも面積が大きい肩やデコルテは、顔と一緒に日焼けしやすいパーツ。

また、日焼け止めを塗り忘れやすい部位でもあるので注意が必要です。

肩やデコルテは、バシャバシャとたっぷり使えるタイプのボディ用ローションやミルクで保湿するようにしましょう

クールダウン効果のあるものなら、火照った肌を素早く鎮静してくれます。

海やプールなどへ出かけたあと、気づいたら唇がガサガサに荒れていた経験はありませんか?

皮膚が薄く汗腺も皮脂腺もない唇は、顔のなかでもっとも乾燥しやすいパーツ。

普段使っているリップクリームをこまめに塗ったり、帽子をかぶって唇に紫外線が当たらないようにしたりして心がけましょう。

乾燥がひどい時は、入浴中のラップパックがおすすめ!

リップクリームを塗ったら、あとはラップをして数分待つだけ。

浴室の蒸気が程よく保湿してくれるので、日焼け後でシャワーしかできない時でも同時にケアできますよ。

強い日差しを受けた髪や頭皮は、お肌と同じくらいダメージを受けています。

いつもより優しくケアをして、摩擦でさらに髪を傷めることのないように注意しましょう。

ポイントは以下の3つ。

・シャンプー前にブラッシングする
・ぬるま湯で洗う
・ドライヤー前にタオルドライを行う

シャンプー前にブラッシングをすると、毛の絡まりがほどけて摩擦を防いでくれます。

それから髪を洗う際は、必ずぬるま湯で洗うこと

熱いお湯で洗ってしまうと、より頭皮が乾燥して炎症を起こしやすくなります。

お風呂から上がったあとは、ドライヤーをする前にタオルドライでしっかり乾かすようにしましょう。

ドライヤーを使う時間を短くすることで、頭皮へのダメージを軽減することができます。

日焼けしたらやってはいけないNGケアとは?

ここでは、日焼けしたらやってはいけないNGケアについてご紹介していきます。

みなさんも、よかれと思ってしていたことはありませんか?

美容成分配合のシートパックを使う

普段から愛用しているシートマスクなら、日焼け後の肌にももちろん効果的なのでは?

そう思っていらっしゃる人も多いかもしれませんが、答えはNO!

なぜなら、たとえ信頼できる美容成分であっても、日焼けした肌にとっては刺激が強く肌荒れを引き起こしかねないから。

日焼け後の肌は、クールダウンと保湿で肌のバリア機能を整えることを優先にしましょう。

パッティングやマッサージ

いつものスキンケアの要領で、パッティングやマッサージをするのもNG。

たたくような動作のパッティングは、肌に大きな負担をかけてしまい炎症が起きやすくなります

また血行促進やリフトアップ効果のあるマッサージも、日焼けが落ち着くまで待ったほうが良いでしょう。

日焼けしたらいつも以上にお肌を労わろう

日焼け後のお肌はとってもデリケート。

普段敏感肌でない方も、日焼けによって肌トラブルに悩まされることはあります。

いつも以上にお肌の状態をよく観察し、優しく丁寧にケアしてあげてくださいね。

この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
サビーナウェルネスマガジン 編集部

サビーナ自然化粧品 美容部員によるメディア「美肌コラム」の編集部です。スキンケアやヘルスケアなど、肌に良い事、美肌、エイジングケアに関する事について様々な観点から記事を書き発信しています。