エプソムソルトで簡単デトックス!すべすべ保湿肌を手に入れよう

スキンケア

皆さんエプソムソルトって聞いた事ありますか?

お風呂に入れて使う入浴剤の事で、アメリカとかではかなり普及しているんですが、
『汗がめちゃくちゃ出る!』
『デトックスに最適!』
『毛穴の黒ずみがなくなった!』

とかなり話題なのでご紹介してみたいと思います!

エプソムソルトとは?

エプソムソルトとは

エプソムソルトとは、ソルトという名前がありつつも、塩ではありません。
見た目が塩っぽいからソルトって名前がついたらしいですが、実際は硫酸マグネシウムというミネラル化合物。

硫酸と名はつけど、中性で水溶性で肌にも安全な成分なんです。しかも普通の塩は塩素を含むため、お風呂に入れるとバスタブを傷めてしまう可能性がありますが、エプソムソルトはその心配もないので安心して使えるという事です。

ハリウッドセレブが愛用している事からその美容効果も期待大ですね!

エプソムソルトの名前の由来

ちなみに15世紀あたりにロンドンの近くのエプソムという地域で発見された為エプソムソルトというらしいですよ!

エプソムソルトの効果とは?

それでは一番気になる所でもある、エプソムソルトの効果についてお教えすると。

汗がめちゃんこ出る

お風呂上り

何はさておき、エプソムソルトを湯船に入れて入ると、めちゃくちゃ汗が出ます。もうそれは滝のように出ます。汗が出るという事は新陳代謝が活発になるという事なので、お肌のターンオーバーを活性化させたり、毒素を排出したりするデトックス効果などが期待できますね!この効果はエプソムソルトを使うとまず誰もが体感する効果です。

お肌がしっとりつるつる

お肌

ミネラルがたっぷりと含まれるエプソムソルトは、お湯に溶かして角質層に吸収されると保湿効果が高まるとされています。また、スクラブ効果もある事から、古い角質などをとりのぞき、お肌がつるつるすべすべにしてくれるという事です。美肌マニアとしてはこの効果も気になる所です。

湯船から出た後もあったか

お風呂上り

保温効果がある為、お風呂から出た後も湯冷めしにくく、冷えを軽減できます。まるで温泉に入った後のような感じですね。温泉好きにはたまらない効果です。
冷え性に悩む人にもオススメです。

肩こり腰痛の痛み軽減

肩こり

エプソムソルト風呂に入ると血流がよくしてくれて筋肉をほぐしてくれるので、肩こり腰痛を和らげてくれる効果もあるとの事です。
美肌会員の方で肩こりに悩まれている方は本当に多いので、オススメしておきましょう。

ストレスケアに期待効果

ストレスケア

エプソムソルトに含まれるマグネシウムは、腎臓の働きを助ける効果があるとの事。そしてその腎臓はストレスに対抗する為のホルモンを生み出す臓器なので、ストレスに強い体にしてくれるみたいですよ!それと月経全症候群の緩和にも効果があるらしいですが、これも血中のマグネシウム濃度が関係しているらしいです。
体内にマグネシウムを接種する事は結構女性にとって大事な事なんですね。

エプソムソルトの使い方

エプソムソルトの使い方

それではエプソムソルトの使い方をご紹介します!
普通のバスソルトと同様に、入浴剤として湯船に入れて使いますが、大事なのはその濃度で、だいたい1%程度の濃度になるようにするのが良いとの事。

普通のバスタブで150ℓ~200ℓ程度のお湯であれば150~200g程度という事です。

また、温度は39℃から41℃くらいにして、10~20分ほど入浴するようにしましょう!

エプソムソルト入浴のポイント

入浴のポイント

エプソムソルトを使って入浴する時は以下の事に気を付けましょう!

①水分補給をしっかりと摂る

汗がめちゃんこ出るのでしっかりと水分を補給してあげましょう!
だいたい500㎖ペットボトル1本くらいは汗となって出ていくので、同じだけ飲んでください。湯上りのビールは禁物ですよ。。飲むのなら水分を補給した後でね。

②長湯は厳禁

エプソムソルト風呂は長湯しすぎるのは厳禁です。といってもかなり体も温まるので、そんなに長湯にはならないのですが、無理をせず苦しいと感じたらすぐに出るようにしましょう。これは普通のお風呂でも温泉などでも一緒ですよね。

まとめ

いかがでしたでしょうか!エプソムソルトに興味がわいてきましたか?
興味がわいた方はぜひ一度試してみましょう^^

純国産のエプソムソルトも販売されているようなので、気になった方は調べてみてくださいね。

それでは今日はこの辺で!

この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
サビーナウェルネスマガジン 編集部

サビーナ自然化粧品 美容部員によるメディア「美肌コラム」の編集部です。スキンケアやヘルスケアなど、肌に良い事、美肌、エイジングケアに関する事について様々な観点から記事を書き発信しています。