出産後のスキンケアどうしてる?時短テクやケア方法もご紹介!

スキンケア
赤ちゃんの手

女性にとって人生の一大イベントでもある出産

出産すると体質が変わるなど、産前とは違った体の変化を感じる人も多いようです。

なかでもよく聞くのが、お肌の変化

産前に比べて肌が乾燥するようになった」「環境や生活の変化でお肌が敏感になった気がする」など、肌トラブルが起こりやすくなったという声をよく耳にします。

実際に私も、出産後は肌荒れに悩まされた時期がありました。

そこで今回は、私の実体験も踏まえつつ出産後の肌ケアについてご紹介したいと思います。

育児に追われてとにかく時間がないママでもできる時短テクもまとめてみましたので、ぜひ参考にしてみてください!

出産後は肌荒れしやすい時期!それはなぜ?

親子

出産後は肌荒れしやすい時期と言われていますが、それはなぜでしょうか?

ここでは、産後に肌荒れを起こす原因をまとめてみました。

ホルモンバランスの変化

女性は出産を機に、ホルモンバランスが大きく変化すると言われています。

なかでも「エストロゲン」と呼ばれる女性ホルモンは、出産と同時に急激に減少することが分かっているんです。

「エストロゲン」は、きめ細かな肌を作ってくれる大切な女性ホルモン。

この「エストロゲン」が減少すると、肌トラブルの原因になり様々な肌トラブルを誘発してしまうのです

育児ストレス

慣れない育児によるストレスは相当なものです。

ストレスによって自律神経が乱れると、体内の男性ホルモンが増加し皮脂の分泌量が増えます

余分な皮脂は、吹き出物やニキビの元

「なんだか吹き出物が増えたな」と感じたら、それは育児ストレスが原因かもしれません。

育児によるストレスを感じたら、迷わず誰かを頼ること。

私も「もう無理!」と感じたら、子供を預けてストレス発散を心がけていました。

睡眠不足

寝ている間に分泌される「成長ホルモン」は、皮膚の細胞分裂や再生を促進して健やかなお肌をキープしてくれる働きを持っています。

つまり、睡眠が足りなくなると体内のサイクルが正常でなくなり、肌トラブルを引き起こしやすくなるということ。

赤ちゃんが数時間ごとに起きる新生児期は、ほとんどのママが睡眠不足に悩まれる時期でもあります。

食生活の乱れ

産後間もない頃は赤ちゃんのミルクづくりやオムツ替えなどが頻繁で、自分の時間がほとんどありません。

必然的に、ママの食事はすぐに食べられる冷凍食品やコンビニ食が増えてしまうもの。

しかしそんな食生活を続けていると、糖質や脂質の摂り過ぎで肌トラブルが起きやすくなります。

糖質や脂質の摂りすぎは、皮脂を詰まらせたり血液の巡りが悪くなり老廃物を溜め込む原因となります

食事を作る時間が取れない時は、ちぎってすぐに食べられるサラダフルーツを意識して食べるようにしましょう。

母乳育児による便秘

出産後すぐの頃はほとんどの時間を家で過ごすため、ママも外出の機会が減り運動不足になりがち。

また母乳育児中心になると、赤ちゃんに与える水分量が増えて慢性的な水分不足になってしまいます。

そういった習慣が続くことで、便が腸内に長く留まり「クロストリジウム」などの悪玉菌が増殖。有害物質を発生させます。

この有害物質は腸壁から吸収されて血液から全身へと巡回し、便秘を引き起こすことに。

出産後は、産前以上に水分を積極的に取ることが大切です。

便秘体質の私は、2リットルのペットボトルに水を入れて1日で飲みきると決め、便秘対策をしていました!

子育てママのスキンケアあるあると出産後にオススメなケア方法

ここでは、子育て中のママによくあるスキンケアのお悩みと、私が実際に試して良かったケア方法をご紹介します!

時間がないママでもできるものばかりなので、生活の中に少しずつ取り入れてみてくださいね!

お悩みその1:とにかく肌が乾燥する!産前は乾燥肌じゃなかったのに、保湿しても全身カサカサ。

出産をきっかけに、肌質がガラリと変わるママはたくさんいます。

私も元々は混合肌でしたが、母乳育児が長かったのもあって今では乾燥肌です。

どれだけ水分をたくさん摂っても、母乳と一緒に体外へ排出されてしまうんですよね。。

なので、スキンケアはとにかく保湿重視を心がけていました。

特にオススメなのは、パック

産後間もない頃は赤ちゃんをお風呂に入れるのも一苦労だと思いますが、お風呂上がりはすぐにパックをして肌の乾燥を防ぎましょう

パックなら、している間に赤ちゃんの体を拭いたり着替えさせたりすることができます。

乾燥肌対策にはこれが一番効果的でしたよ♪

お悩みその2:出産後、今まで使っていたスキンケアが合わなくなった。気に入っていた物だけに、ショック。。

産後のお肌の状態はとても不安定。

妊娠〜出産と劇的に体のホルモンバランスが変化することで、肌の状態も揺らぎやすくなります。

ちょっとした刺激に敏感になったり、スキンケアは同じなのに以前より効果を感じにくくなったり。

そんな時は、一からスキンケアを見直すのも一つの手段

例えば敏感肌用のスキンケアに変えるのも良いですし、赤ちゃんと一緒に使えるスキンケアアイテムを選ぶのも良いでしょう。

その時々で自分に合った物を選んでいきましょうね。

サビーナのスキンケアは、安心して使える自然由来の成分が肌本来の強さを引き出してくれます。

産後の揺らぎやすい肌にもオススメです♪

ナチュラル4点セット1.メルトフォーム
2.さっぱりタイプ:ヴィタールローション
or
しっとりタイプ:モイストローション
3.モイスチャースキンクエール
4.フリッシュアップパウダー

¥ 12,300~13,300 +tax

ナチュラル4点セット

お悩みその3:出産後、なんだかシミやそばかすが濃くなった気がする。。

妊娠中~産後はメラニンを作る働きが活発になる時期

今までなかったシミやそばかすが突然できたり、元々あったシミが濃くなったりすることがあります。

私も産後すぐに大きなシミができてしまい、とてもショックだったのを覚えています。

育児中なのでエステや皮膚科へ通うこともできないし、お手入れに時間をかけられないし・・・とかなり悩みました。

そこで私が実践したのは、できてしまったシミはメイクでカバーしつつ、今後シミができにくい肌にするためのケア

具体的には以下の3つです。

・日焼け止めを必ず塗る
・ビタミンC配合のスキンケアを使う
・クレンジングや洗顔は摩擦に気をつけて優しく洗う

これなら育児中で忙しいママでもできると思うので、ぜひ試してみてくださいね!

できることから少しずつ。綺麗なママを目指そう!

産後のスキンケアのポイントは、無理なく続けられるものを選ぶこと。

ママ達は、育児による疲れやストレスを抱えがちな環境にいます。

だからこそ、スキンケアはいつも頑張っている自分へのご褒美だと思って、労りの気持ちを大切にしてみてくださいね。

この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
小野 二沙子
美容ライター

コスメを愛して止まない美容オタクのフリーライター。新作コスメを試すのが大好きです。年に数回、韓国で皮膚科へ通ったりコスメを探す美活の旅をするのが趣味。