秋冬の乾燥対策!ポイントは肌の善玉菌バランスだった

スキンケア

私たちの皮膚には約1000種類もの常在菌が存在していると言われています。人によって種類や数も異なる肌常在菌ですが、この菌によって私たちの肌のバリア機能は正常に保たれています。

つまり肌の常在菌のバランスを整えることが、乾燥肌対策にも効果的ということ。

この記事では、常在菌バランスを整えて乾燥肌に負けない肌を作る方法をご紹介します。

肌常在菌の種類を知ろう

まずは肌に存在する菌の種類を知っておきましょう。私たちの肌に存在する菌は、大きく分けると3種類。
それが次の菌です。

・善玉菌
・悪玉菌
・日和見菌

ひとつずつ見ていきましょう。

美肌に導く善玉菌

善玉菌は肌によい働きをする菌です。有名な菌で「表皮ブドウ球菌」があります。

この菌は、汗や皮脂をエサにしており、脂肪酸やグリセリンを作り出しています。そして作り出された脂肪酸やグリセリンが、肌にどんな効果をもたらすのかと言うと、

脂肪酸は皮膚表面を弱酸性に保ち、悪玉菌の増殖をおさえる機能があります。また、グリセリンは肌のうるおい・ツヤを保つ働きがあります。

ちなみに善玉菌は、肌からイヤなニオイが発生するのをおさえる働きもありますよ。

肌トラブルを引き起こす悪玉菌

皮膚がアルカリ性にかたむくと増殖するのが「黄色ブドウ球菌」です。

この菌は病原性が強く、善玉菌を減少させてしまうのが特徴。さらに皮脂膜やバリアの形成をさまたげて、外部からの刺激を受けやすくしてしまいます

そのため、炎症・かゆみといった皮膚炎の原因となってしまい、傷口に付着すると化膿させてしまうことも。
ちなみに善玉菌と反対に、こちらは悪臭の原因になります。

善にも悪にもなる日和見菌

善玉菌にも悪玉菌にもなる可能性がある菌が日和見菌である「アクネ桿菌」です。

この菌は、肌の菌がよいバランスに保たれている時は、善玉菌の働きをします。しかしバランスが崩れて皮脂が増えてしまうと、定着・増殖してニキビや吹き出物の原因となってしまいます。

乾燥する秋冬時期の菌バランスとは?

私たちの肌に存在する常在菌のバランスとは、善玉菌が悪玉菌の増殖をおさえていることで成り立っています。

つまりなんらかの原因で善玉菌が減ると、悪玉菌が増えてしまい肌のバリア形成を妨げて刺激を受けやすくなったり、炎症・かゆみ・ニキビ・吹き出物となったりするわけです。

そして乾燥する秋冬時期は、この善玉菌が減る時期でもあります。

そのため秋冬時期は肌が敏感になってしまうわけですね。

善玉菌の数を保つ秘訣とは?

ということで秋冬時期は善玉菌を減らさないためのケアが必要となってきます。ここではその善玉菌を減らさない方法についてみていきたいと思います。

善玉菌を減らさないケア①ボディ手洗い習慣

常在菌は顔だけでなくボディにももちろん存在します。体をスポンジやタオルでゴシゴシ洗うのは、悪玉菌を減らしてくれますが、必要以上のゴシゴシは善玉菌までも一緒に洗い流してしまいます。

そこでおすすめなのがボディ手洗いです。

ボディ手洗いは、善玉菌を残しつつ、悪玉菌だけを洗い流すのに効果的。お顔を手で洗顔するように、しっかり泡立てたボディソープで優しく手でなでるように洗うようにしてみてください。

乾燥しやすい秋冬・30代以降の方は特にボディ手洗いをおすすめしますよ。

善玉菌を減らさないケア②バリア機能を強化する

善玉菌である表皮ブドウ球菌は角層に多く存在します。そこで角層のセラミドを補給し、バリア機能を強化することで、善玉菌をサポートしてあげましょう。

ポイントは人間の肌に存在するセラミドに分子構造が類似している天然セラミド「セレブロシド」を補給すること。

それ以外のヒト・植物・合成セラミドは保湿効果だけを期待されているセラミドで、安価に製造できる反面、分子構造が異なるためセラミド補給には意味がないと言われています。

善玉菌を減らないケア③肌に触れるものは清潔に

善玉菌のバランスを保つには、洗顔グッズやメイク用品など、肌に触れるものはできるだけ清潔にしておく必要があります。定期的に洗浄して清潔に保ちましょう。

意外に見逃しがちなのが、洗顔ネットの付け具など。いつも泡立ててるから清潔だと思いきや、菌が溜まっていたりするので気をつけましょう。洗顔用具は根本までしっかり洗って清潔にしましょうね。

善玉菌を減らさないケア④日常生活を改善する

善玉菌は日常のちょっとしたことでもバランスを崩してしまう可能性があります。できるだけ以下のことを行うように注意してみてください。

・ストレスをためない
・睡眠をしっかりとる
・熱いお湯に長時間つからない
・合成界面活性剤が配合された洗浄アイテムは使わない
・できるだけ冷えるのを防ぐ
・適度に運動する

ちなみに上記のような生活は、弱酸性の肌を保つことにもつながります。弱酸性に保つと、善玉菌が活性化するため、悪玉菌をおさえることができますよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか。善玉菌のバランスを保つことは、そのまま美肌にも通じます。
本日ご紹介した方法で、常在菌バランスを整える生活をおくって、美肌を手に入れましょう!


この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
サビーナウェルネスマガジン 編集部

サビーナ自然化粧品 美容部員によるメディア「美肌コラム」の編集部です。スキンケアやヘルスケアなど、肌に良い事、美肌、エイジングケアに関する事について様々な観点から記事を書き発信しています。