韓国で話題の8:16ダイエットとは?

ヘルスケア
体重計

美しい体型を目指して行う「ダイエット」。
多くの女性が一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

「今までのダイエット法では痩せられなかった」
「ダイエットしたいけど、何をすればいいかわからない」
「健康的で無理のないダイエットはないかな?」

など、ダイエットに対する関心や疑問は尽きないものです。
ダイエット方法は本当にたくさんありますが、中には健康的な方法ではないものもあるので注意が必要です。
そこで今回は、スタイルの良い女性が多い韓国で話題となっている「8:16ダイエット」をご紹介します。

「8:16ダイエット」って何?

8:16ダイエット

8:16ダイエットとは、1日24時間のうちの8時間ですべての食事を摂ってしまう食事療法です。

8時間を食事の時間と限定することで、残りの16時間は何も食べない「断食」の状態になります。「断食」という言葉は耳にしたことのある方も多いのではないかと思います。断食とは文字通り、「食を断つ」という意味で、水分以外のものを一切口にしないことをいいます。

いつもは食事から得る栄養素をエネルギーとして動いている身体は、断食することによって体内に蓄えている脂肪をエネルギーとして働きます

太ってしまう主な原因は摂取カロリーが消費カロリーをオーバーすることで脂肪が蓄積されることなので、8:16ダイエットで食事を摂らない間は体内の脂肪を燃やすことができ、痩せることにつながるのです。

また、断食をすることで内臓の消化にかかる負担をなくし、細胞の生まれ変わりを促進することができるので、体調やお肌の調子が良くなるといううれしい効果もあるのです。

しかしながら、断食はつらくて挫折しそう…と不安になってしまう方も多いはず。8:16ダイエットなら、1日のうち8時間は食事を摂ることができるので完全な断食ではなく、1日16時間の「半日断食」ということになるので挫折せずに続けられる方が多いですよ。

「8:16ダイエット」の詳しいルール

8:16ダイエットのルールはとてもわかりやすいです。 ただ、8:16ダイエットをするにあたっての注意点もありますので、しっかりと確認してからスタートしましょう。

食事は8時間のうちで済ませる

食事は8時間のうちで済ませる

8:16ダイエットは、1日のうち8時間ですべての食事を済ませて、16時間は水分のみで過ごします。食事を摂る8時間は基本的には何を食べてもOK!
普段通りの食事を摂ることができます。

最近のダイエット法などで良く取り上げられている炭水化物や小麦製品を抜いたり、特定のものばかりを食べたりという方法ではなく、口にするものに制限がないのでストレスも感じにくいですよ。ただし、何を食べてもOKだからといって暴飲暴食はNGです。

あくまでバランスを考えた健康的な食生活を心がけましょう。
おすすめなのは「まごわやさしい」食材を使った食事をすることです。

→豆類
→ごま
→わかめなどの海藻類
→野菜
→魚
→シイタケなどのきのこ類
→イモ類

以上の食材を多く摂るよう心がけると自然にヘルシーな食事内容になりますよ!
自炊するときも、外食するときも、コンビニなどで出来合いのものを買う場合も、是非この食材が豊富なメニューを選んでくださいね!

また、食事を摂る8時間はどのタイミングでもOK です。

例えば朝食を抜いて12時~20時までの8時間を食べても良い時間にしたり、
夕食を速めて9時~17時までにしたりするなど生活リズムに合わせて、やりやすいタイムスケジュールを設定することができますよ。

16時間は何も食べない

16時間は何も食べない

8:16ダイエットでは何も食べない16時間がとても大切です。
この16時間は基本的に水分しかとりません。
1日に1.5L~2Lほどの水分補給を心がけましょう。

口にする飲み物は、お水が一番です。
もちろんジュースなどの甘い飲み物は控えましょう。

コーヒーなどのカフェインが含まれる飲み物やアルコールは1日1~2杯までを目安に飲みすぎないように心がけましょう。

水分しか摂らないこの16時間の間にしっかりと内臓を休めることがこの8:16ダイエットのポイントとなるのでしっかりと守ってくださいね。

2週間から1カ月は継続する

2週間から1カ月は継続する

すべてのダイエットに言えることなのですが、短期間ではなかなか効果は表れません。
8:16ダイエットも同様ですので、2週間から1カ月は最低でも続けるようにしましょう。

また、8:16ダイエットは健康維持や美容のためにもとても良い方法ですので、目標を達成しても一気に通常の食生活に戻すのではなく無理のない範囲で続けることをおすすめします。

16時間の断食がきついと感じる方は14時間など、自分のペースや生活リズムに合うように工夫してもOKですよ。

「8:16ダイエット」の効果

「8:16ダイエット」の効果

8:16ダイエットの効果については、先ほど紹介したように、断食をする16時間がとても重要となります。

16時間断食すると、普段エネルギー源としている血液の中の糖質や脂質が減ることで体内に蓄積されている脂肪が分解されてエネルギー源として使われます。
これによってダイエット効果が得られるのです。

さらに、身体が飢餓状態になることで「オートファジー」という古くなった細胞を内側から新しく生まれ変わらせる仕組みが働き始めます。

オートファジーによって細胞の生まれ変わりが起こると、体内に蓄積された老廃物などが一掃されて体内が活性化するので、肥満の解消はもちろん、病気になりにくく若々しい体になっていくのです。

8:16ダイエットは脂肪燃焼の他にも細胞の生まれ変わりによる若返りや不調箇所の改善など、身体全体をより良くしてくれます。

8:16ダイエット挑戦中にも、朝すっきりと起きられたり、お肌の調子が良くなったりなど色々な身体の変化を実感することができるので、モチベーションが下がることなく続けやすいダイエット法でもありますよ。

「8:16ダイエット」のメリット・デメリット

メリット・デメリット

8:16ダイエットにはどんなメリット・デメリットがあるでしょうか。

メリット

・シンプルな方法でわかりやすい
・準備が必要なものは一切ないのですぐに始められる
・生活リズムに合わせたスケジュールでダイエットできる
・健康的な方法
・食材の制限がないのでやりやすい
・脂肪燃焼の他にもうれしい効果が
・代謝が上がるのでリバウンドしにくい
・習慣化しやすい

デメリット

・食べられない時間が長く感じてしまいつらい
・食べてもいい8時間に食べ過ぎてしまったら逆効果に
・短期間で劇的な変化は出ない

このように8:16ダイエットはデメリットもありますが、しっかりと理解して克服することができれば、大きなメリットを得ることができる魅力的なダイエットです。

ただし、持病をお持ちの方妊娠中の方など、もともとダイエットをするべきではない方にはおすすめできませんので、ご自身の健康状態に十分注意して行ってくださいね。

まとめ

8:16ダイエットは、1日24時間のうち16時間断食することで、脂肪燃焼や細胞の生まれ変わりを促進するダイエット方法です。

食べてよい8時間の食事内容によってもダイエット効果は大きく作用しますが、基本的には何を食べてもOKなので始めやすく継続しやすいのもポイントです。

健康維持のためにこの方法を続けている方も多く、長期的に行うのもおすすめです。8:16ダイエットが気になった方は、この記事の内容を参考にはじめてみてはいかがでしょうか。

この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
よこやま あやの
美容ライター

エステティシャン、美容インストラクターなど、約10年の美容業界勤務を経て、美容ライターに。 トレンドの美容情報や手軽にできる美容法など美意識が上がる情報を発信します。