新規無料会員登録特典 クーポンプレゼント!
美肌コラムsabina beauty column
2020.6.1

茶クマは実はシミだった!?色素沈着が原因の茶クマケア方法

前回のコラムで目の下の『クマ』について書いていきましたが。
本日のコラムではこのクマの内、茶クマについて詳しく書いていきたいと思います!

『コンシーラーでごまかすからいい!もうしょうがいない!』と半ばあきらめてしまっている人はぜひご覧ください^^
それでは行ってみましょう~♪

まずは茶クマの原因をおさらい

前回のコラムでも書きましたが、茶クマの原因はメラニンの色素沈着が原因です。

これクマって言ってるけどようするに『シミ』って事なんですよ!

紫外線によってメラニン色素が生まれ、そのメラニンが目元への刺激によって定着してしまいシミとなり、目元にある為、茶色のクマになって見えるようになるわけです。

なんだかシミって聞くと嫌~な感じしませんか??
なのでこれを機にしっかりケアしていきましょう!

茶クマに対するケア方法

茶クマのケアについては基本的に美白ケア中心となります。ただこれ以上悪化させない為にも、目の周りをこすらないようにして、刺激をできるだけ無くしていく事とUVケアを行う事が大前提です。

目元はお顔の皮膚の中で一番皮膚が薄い部位!!

だから定着したメラニンが一番最初に見えてくるという事です。茶クマをコンシーラーでごまかしている方は、もしかしたらシミ予備軍かもしれませんよ(><)

茶クマ対策:紫外線ケア

紫外線ケアについては、美肌を目指す方々にとっては当たり前にやってる!という方ももちろんいらっしゃると思いますが、茶クマの原因はメラニンという事からも分かる通り、フェイシャルケアと同様にクマに対しても紫外線ケアは重要なんですね。

というわけで1年中しっかり紫外線ケアを行っていきましょう。
普段の生活ではSPF20程度のものを小まめに塗りなおすようにしましょう。

真夏に長時間外にいるような時は、SPFをあげても良いですが、あげすぎても意味が無いため、できるだけ小まめに塗りなおす方が◎。

茶クマ対策: 目元への摩擦、刺激を減らす

これが地味に大事。メイクオフや洗顔の時もそうですが、遅くまで起きてスマホを見てる人は、眠いな~と思いながら目をこすったりしてませんか?

睡眠不足に目元への刺激にダブルパンチ!絶対に止めましょう!

それと青クマ対策やむくみ改善にフェイシャルマッサージなどされるのは良いのですが、目元だけはこすったりしないように気を付けてくださいね!

茶クマ対策:美白ケア

さあここまでしっかり意識された方は、美白化粧品を使って目元のメラニンを無色化していきましょう!基本的にシミに対する対処と同じですね。

ただこの時も摩擦は極力なくして、優しく目元に美白化粧品を使ってあげましょう。どんな美白化粧品を使うのが良いかというと、きちんと美白有効成分が入った美容液などで、摩擦で肌に負担がかからないようにジェルやクリームタイプ、オイルタイプのものの方が良いです。

まとめ

いかがでしたでしょうか?茶クマ対策・ケアのポイントをまとめると

【茶クマケアのポイント】
①SPF20程度の日焼け止めを1年中つける
②メイクオフ、洗顔、マッサージ時には目元へはゴシゴシ擦らない
③美白有効成分入りの摩擦の少ないテクスチャの美容液を使う

という事ですね!

茶クマは目元のシミ!という事なので、きちんとケアすれば少しずつでもきっと薄くする事ができます。なのであきらめずにしっかりケアしていきましょうね^^

それでは今日はここまで☆See you~♪

0
公式オンラインショップへ
CATEGORY MENU
TAG LIST