新規無料会員登録特典 クーポンプレゼント!
美肌コラムsabina beauty column
2020.6.3

たるみからくる黒クマをスッキリ解消する6つの裏技とは?

本日は第3回目となりました!目の下のクマについてのコラムです。
前々回でもご紹介した黒クマの原因はたるみからきています。

というわけで今回は目元のたるみを解消して黒クマを解消しちゃいましょう!というコラムです。

それでは行ってみましょう~♪

まずは黒クマかどうかのチェックから!

厳密に言うと黒クマはクマでは無くたるみからくる影になります。
なので下まぶたを軽く下にひっぱってみて黒い影が消える人は黒クマにあたります。

または仰向きになれば薄くなったり、ファンデーションしても目立つ方は黒クマなので、今回のコラムの対処方法を試してみてください^^

黒クマに対してのケア方法

黒クマを解消するには目元のたるみを解消してあげないといけません。
という事は基本的にやる事はたるみケアと同じという事ですね。

黒クマ対策①:たるみにきく有効成分配合のアイケアコスメを選ぶ

たるみの原因は過去コラムでも書いた事がありますが、基本的に真皮が衰える事でたるみが起こります。

この真皮の衰えは加齢や紫外線のダメージから来るわけですが、真皮が衰えると脂肪を支える力が弱くなる為、たるんでしまうんですね。

なのでたるみを防ぐには、この真皮を元気にしてあげる必要があるんですが、その為に有効な成分が『抗酸化成分』。プラスで女性ホルモンと似た働きをする大豆イソフラボン等が配合された化粧品を使うのがオススメです。

黒クマ対策②:アイケアコスメの使い方のポイント

どんなコスメを使えば良いかを知った後はその使い方のポイントをご紹介しておきます。大事なのは

下まぶた全体に塗る

という事。いや言われなくても塗ってるし、と思った人も一度チェックしてみましょう。

顔は正面を向いて目だけ上を向くようにして、携帯の内カメラでパシャ!
その写真を見て下まぶたがプクッと膨れている箇所全体が下まぶたになります。

以外に目の下に少ししか塗らない人って多いらしいので注意しましょう!

黒クマ対策③:10秒簡単ストレッチ

顔全体のたるみを10秒で簡単に引き締めるストレッチ法があるって知ってましたか?その方法を説明します!

①左手の親指の側面を左アゴの下の骨の内側に食い込むように入れて、そのままぐぐーっと指で顔を押す。
②同時に右手は左の鎖骨を押さえて、下に押すように力を入れる
③反対側の首すじも同じようにする

これをするだけで急激にリンパの流れが急激によくなり、一瞬で顔が引き締まるんです!しかも肩こりにもきく!そして気持ちいい!一度お試しあれ^^

黒クマ対策④:目元のツボ押し

続いて目元のツボを押す事で、小さくたるんでしまった目元を大きくしましょう!場所は、黒目の延長線上で、髪の生え際より2cmほど奥。ここを押す事で目をパッチリさせてくれますよ^^

黒クマ対策⑤:内臓下垂改善法

顔のたるみは内臓の下垂(かすい)と密接に関係があるらしく、この内臓下垂は骨格の歪みから来るらしいです。

年をとってブルドッグみたいなお顔になってしまうのは、この骨格の歪みからくる内臓下垂が原因らしいですよ!それではこの内臓下垂を改善する方法をご紹介します。

2枚のバスタオルをくるくるまるめて、腰の下に入れて寝る

これだけ!簡単ですよね?写真のようにストレッチボールを使ったりしても良いですが、無ければバスタオルで充分です^^

黒クマ対策⑥: 恥骨アップ法

最後に恥骨のアップを行えば完璧たるみケアです。こちらも簡単にできますのでご紹介しておきます!

仰向けに寝て、片方の脚を上げて曲げ、両手でグイっと押すように抱え込む

これだけです!もちろん反対の脚も同じようにやってあげましょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?
黒クマ対策・ケアのポイントもまとめてみました!

【黒クマケアのポイント】
①抗酸化成分+女性ホルモン配合アイケアコスメが◎
②目の下まぶた全体にアイケアコスメを使う
③顔のストレッチ&ツボ押しは優しく!気づいた時にはやるように
④顔のたるみは内臓から改善

以上です!

茶クマと同様、黒クマについてもしっかりケアすれば改善する事ができるお悩みです。ただこれだけやっておけば絶対大丈夫!という方法があるわけでは無いので、コスメやマッサージ、ツボ押しなどしっかり行って改善していきましょう!

それでは今日はこの辺で!See you~♪

1+
公式オンラインショップへ
CATEGORY MENU
TAG LIST