コーヒーを飲むと肌が潤う!?クロロゲン酸の効果とは?

スキンケア

肌の潤い力をアップさせると話題のクロロゲン酸

一体どんな成分なんでしょうか?
接種方法は?ほんとに効果あるの?などなど
クロロゲン酸に関する疑問にお答えいたします!

クロロゲン酸を知っている人も知らない人もぜひご覧ください^^

クロロゲン酸とは?

クロロゲン酸はポリフェノールの一種です。
なので先ずはなんとなく聞いた事のあるポリフェノールについて知ってみましょう。

ポリフェノールは美容に良いと言われますが、代表的な効果に

『抗酸化作用』があります。

他にも、抗菌、抗ガン、抗肥満、抗疲労作用などもある為、美容だけでなく健康にも良いと言われているんですね。

また、ポリフェノールの種類は5000種以上もあると言われていて、赤ワインやお茶、コーヒー、ココアなどに含まれています。誰もが一度は聞いた事ある程、有名な成分ではないでしょうか?

中でもクロロゲン酸は、コーヒー豆から初めて発見されたポリフェノールで、コーヒーが苦いのはこのクロロゲン酸が元になっているらしいですよ。

クロロゲン酸の効果とは?

コーヒー豆から抽出されるクロロゲン酸ですが、その効果にはどういったものがあるのでしょうか?

報告されるクロロゲン酸の機能としては、

①ダイエット効果
②糖尿病予防
③抗酸化作用

といった機能が報告されているようです。
以下で詳しく見ていきましょう。

ダイエット効果

気になるクロロゲンのダイエット効果は、糖質の吸収を穏やかにする効果によって、脂肪をため込まないようにしてくれる事でダイエットに効果があると言われています。また、脂肪の燃焼を促進してくれるらしいので、メタボ気味の人にもオススメです。

糖尿病予防効果

クロロゲンは血糖値の上昇を抑えてくれる為、インスリンの分泌も抑えてくれます。つまり糖尿病にかかりにくくなるという事です。ただし甘ったるいコーヒーはNG!飲むならブラックコーヒーを飲みましょう。
食後のコーヒーは割と理にかなっているという事ですね。

抗酸化作用

クロロゲン酸はポリフェノールの一種なので、当然抗酸化作用もあります。紫外線や様々な要因によって、私たちの体は酸化(老化)してしまうわけですが、クロロゲン酸を接種する事で、この酸化を防いでくれます。

体の酸化について詳しく知りたい方は以下をご覧ください。

エイジングケアの基礎知識、活性酸素と抗酸化成分について

クロロゲン酸のちょっと困るマイナス効果

クロロゲン酸は良い事ばかりではありません。接種する事でデメリットも存在します。
大した事ではないと言う人もいるかもしれませんが、しっかり知っておきましょう。

ちなみにここでお伝えするデメリットは、クロロゲン酸の接種を目的にコーヒーを飲む場合のデメリットもお伝えしておりますので、コーヒーのデメリットと考えてもらった方が良いかもしれません。

胃酸が出すぎる

食後にコーヒーを飲む時はメリットにもなるのですが、基本的にクロロゲン酸は胃を刺激して胃液をたくさん出させてしまいます。

つまり胃への刺激が強いという事。
胃腸が弱い人なんかはコーヒーが苦手という人も多いと思いますが、これが原因だったわけですね。

眠れなくなる

こちらはコーヒーのデメリットですが、カフェインは接種すすぎると中毒症状を引き起こす場合があるので注意しましょう。中毒までいかなくても、眠りにくくなるというのは経験された方も多いと思います。

その為夜寝る前にコーヒーを飲む事はオススメできません。

いくら美容や健康に良いからと、飲みすぎは禁物という事ですね。

クロロゲン酸で肌の水分量が増える?

この辺でタイトル回収です。

さてさて、ここまででお伝えした効果では、クロロゲン酸で肌が潤うという所までは想像がつかないかと思われます。

ではクロロゲン酸の何を元に肌が潤うと言われているのでしょうか?

それは健康な女性104名を対象にした臨床試験「ランダム化二重盲検並行群間試験」※の結果によるものです。

なんだその試験?と思う方がほとんどだと思いますが、簡単に説明すると、
試験をする側と受ける側で、先入観を防ぐ為に、どんな薬かや、治療の内容かを秘密にして、クロロゲン酸を含んだ飲料を飲むグループと、含まない飲料を飲むグループに分けて行った試験という事です。

この試験の結果、クロロゲン酸を含んだ飲料を飲んだグループの方が、全身の角層の水分量が増加したと言うからビックリ!

さらにこのクロロゲン酸でストレス症状も改善したというから、コーヒーって結構すごい飲み物だったんだ~となりますよね。

※参考文献 *4 上田早智江 他, 皮膚の科学, 16(5), 347-355(2017)

クロロゲン酸を効率的に摂取するには?

それでは最後に、そんなクロロゲン酸を効率的に摂取する方法をご紹介しておきたいと思います!

コーヒーで接種する

先ずは王道のコーヒーを飲んで接種する方法です。
エチオピア産のコーヒー「モカ・シダモ」はクロロゲン酸含有量が多いと言われているのでオススメです。
また、キリマンジャロやブラジルコーヒーなどもクロロゲン酸が多いらしいので、好みによって意識して購入してみると良いかもしれませんね。

コーヒー接種のメリットデメリット

メリット:気軽に摂取できる
デメリット:寝る前は飲めない、飲みすぎ注意

サプリメントで接種する

最近はクロロゲン酸を接種する為のサプリや専用飲料なども発売されています。
コーヒーと比べて寝る前に飲めたり、コーヒーの味が苦手だという人でも美味しく飲める為、人気ですよ^^

サプリ接種のメリットデメリット

メリット:ノンカフェインなので、寝る前でも平気。
デメリット:コーヒーと比べると価格が高い

まとめ

というわけで本日は肌の水分量を増やしてくれるポリフェノール「クロロゲン酸」についてご紹介いたしました!
コーヒーが好きな人もあまり得意ではない人も、うまく接種してぷるぷるお肌をゲットしちゃいましょう!

それでは今日はここまで!See you~


この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
サビーナウェルネスマガジン 編集部

サビーナ自然化粧品 美容部員によるメディア「美肌コラム」の編集部です。スキンケアやヘルスケアなど、肌に良い事、美肌、エイジングケアに関する事について様々な観点から記事を書き発信しています。