新規無料会員登録特典 クーポンプレゼント!
美肌コラムsabina beauty column
2020.7.25

正しい日焼け止めの塗り方とは?日焼け止めについて知ってみよう

こんにちは!今日は良い天気です!そんな時は公園にピクニックにでも行きたくなっちゃいます。というわけでやってまいりました。札幌大通り公園。

連休中という事もあり、そこそこの人で賑わっていますが、やはりコロナの影響でしょうか、いつもよりは人が少ない気もします。

しかし天気は良いので噴水の側で友人家族とランチをしようとした時、
友人の旦那さんが日焼け止めを塗っていないという事が判明!

ダメですよ!いくら札幌は涼しいからと言っても、紫外線は降り注いでいるので、しっかり日焼け止めは塗りましょう。
案の定帰った後、日焼けで大変だったみたいです。

なので本日は正しい日焼け止めの塗り方をレクチャーしたいと思います。
それでは行ってみましょう!

基本のキ!日焼け止めの事をもっと知ろう

日焼け止めについて、知ってるようで知らない事、けっこうあるもの。
ここではそんな日焼け止めについて詳しく知っていきましょう。

紫外線吸収剤って使わない方が良いの?

日焼け止めは主に『紫外線吸収剤』『紫外線散乱剤』のどちらかが使われています。シーンによって使い分けましょう。

紫外線吸収剤・・・夏の時期に野外に長時間いる時など

紫外線吸収剤は散乱剤に比べて紫外線を防御する力が強く、野外フェスやキャンプ、海などで長時間屋外にいる際に適しています。ただし防御力が強い分、肌への刺激も強い為、敏感肌の方は顔への使用は慎重に行いましょう。一部分に使ってみて肌へ異常がないか確かめてから使用すると良いかもしれません。ただ最近では低刺激タイプのものも出ているので、試してみるのも良いかもしれません。

紫外線散乱剤・・・ちょっとしたお出かけ、ショッピングなどの日常使いに

紫外線散乱剤は紫外線吸収剤より防御力は劣りますが、その分肌への負担が少ない為、通勤やショッピングなどの日常時に使うのに適しています。紫外線は1年中降り注いでいるので、夏に長時間外にいる時意外は、できるだけ紫外線吸収剤不使用の散乱剤タイプを使った方が良いでしょう。ただし粉っぽくなったり乾燥しやすいというデメリットもあるので、使用感を試しながら決めてみてください。

SPFやPAってどれを選んだら良いの?

SPFやPAというのは、紫外線からの防御力を示します。SPF値は数字が高い方が防御力も高く、その分肌への刺激も強くなりがちです。PAというのは+の数が多い方が防御力が高く刺激が強いという感じです。ただ高い方が良いというわけではなく、これも使うシーンによって使い分けましょう。SPFやPAについては過去コラムで詳しく説明しているのでご覧ください。

2019.10.28スキンケア
肌老化の原因の8割は紫外線だった?その対策とは

日焼け止めを塗る順番って?

日焼け止めを塗る順番は言うまでもないかもしれませんが、スキンケアを行った後になります。朝の洗顔、化粧水、美容液などを塗ったら日焼け止めを塗って、その後化粧下地、ファンデーションという順番です。下地にUV機能がついたものもあるので、一度に済ませたい方にはオススメです。

日焼け止めはこまめに塗り直そう

日焼け止めはできるだけこまめに塗り直しましょう。とは言っても腕などは塗り直せるけど、顔は化粧をしているから難しい、、、と言う方にはスプレータイプの日焼け止めがオススメです。汗や油分をティッシュなどで軽く拭いたところに、スプレータイプの日焼け止めをシュッと一拭きしてあげましょう。

日焼け止めの正しい塗り方

日焼け止めの塗り方には意識したいポイントがいくつかあります。
ここではポイント毎に説明していきたいと思います。

容器をよくふる

これは基本ですが、使う前に容器をしっかりふってから使いましょう!

1円玉くらいの大きさで

1円玉くらいの大きさを手に取り、日焼けしやすいゾーンの、おでこ、両頬、鼻先、顎につけてのばしていきます。

ムラなくのばして使う

できるだけムラのないようのばして使いましょう。ムラができると日焼けもムラができてしまうので注意してください。また、あまり肌に強くすり込みすぎないように注意しましょう。

重ね付けする

一度全体に塗った後に、再度重ね付けをしてあげましょう。
すり込まずに、ぽんぽんと軽くつけるくらいで大丈夫です。

意外と大事、ビフォアケアとアフターケア

最後にとても大事なポイントをお伝えします。
紫外線を塗る前と家に帰った後はしっかり保湿ケアをしてあげましょう。
最初に保湿ケアをしてあげる事で、日焼け止め自体による肌への刺激を軽減し、帰った後にしっかり保湿ケアを行う事で、日焼け止めや紫外線などによる刺激を最小限にしてあげる事ができます。
乾燥肌や敏感肌の方は特に肌への刺激は気にしてしまうので、しっかり保湿ケアを意識してあげてくださいね。

最後に

しっかり紫外線対策を行う事は、肌の老化を防ぎ、シミ、シワなどを少なくしてくれるなどエイジングケアの基本です。紫外線は季節関係なく1年中降り注ぎます。毎日のスキンケア同様、紫外線ケア、対策も1年中行っていきましょうね!

それでは今日はこの辺で!See you〜♪

0
公式オンラインショップへ
CATEGORY MENU
TAG LIST