肝斑にきくシミケア方法特集!美白成分6選やオススメ化粧品まで

スキンケア

こんにちは!今日は「肝斑についてお客様からご相談をいただいたため、
肝斑という肌悩みについて書いてみたいと思います。

お客様の悩みを少しでも解消できる情報や化粧品がご提供できればうれしいです。

肝斑(かんぱん)とは?

肝斑(かんぱん)って?

肝斑というのは、 ほっぺやあご・額・鼻の下などにできる、左右対称の薄茶色をしたシミの事です。
30代後半から50歳くらいの女性がよくなると言われていて、ぼやっとしていて輪郭がはっきりしないという特徴があります。

頬骨に沿って帯状にできたり、ほほの老人性色素班という輪郭がはっきりしたシミと一緒にもやっと広がっていたりします。

肝斑の見分け方

肝斑とその他のシミを見分けるポイントは、左右対称かどうか・ぼやっとして輪郭が無いかの2点です。
しかし、ごく稀にですが、左右対称ではない肝斑ができることもあるため、判断がつかない場合は美容医療クリニックなどで判断してもらうとよいでしょう。

肝斑ができやすい人

肝斑は女性のほうができやすく、一般的に30~40歳代・50歳前後になるとできる傾向があります。また、ピルを服用している人や、妊娠経験がある人・日常的に強いストレスを感じている人ができやすいと言われています。

肝斑の原因

肝斑の主な原因は女性ホルモンの乱れと言われています。
そのため、前述したように30歳から40歳代くらいの女性にできやすく、妊娠や出産・ストレスといったことも原因になりやすいんですね。

「妊娠したら気になるようになった」
「出産してからシミが目立つようになった気がする」

という人はけっこう多くいらっしゃいます。

また、紫外線を日々継続的に浴び続けることで、肝斑は悪化します。

肝斑の治し方

どうすれば治るの?

肝斑の治療法は色々ありますが、自分にあったケア方法を見つける事が一番です。
美白化粧品・ピーリング・飲み薬や、最近ではレーザートーニングというレーザー治療もできるようになりました。
まずは手軽にできるものから試してみるとよいかもしれませんね。

各治療法の特徴をご紹介しておりますので、参考にしてみてください。

生活習慣の改善で肝斑対策

生活習慣の改善によりホルモンバランスを整えることで肝斑を改善させる方法です。バランスのよい食事と充分な睡眠をとるようにして、ストレスをできるだけため込まないようにしましょう。

忙しい毎日でなかなか難しいかもしれませんが、一番ベーシックな肝斑対策となります。無理のない範囲で生活を改善してみましょう。

スキンケアで肝斑改善

日常のスキンケアで肝斑を改善するやり方です。

毎日行っているスキンケアで肝斑を改善しようとすると、美白有効成分が配合されたコスメを使う必要があります。この美白有効成分については後半で詳しく説明しております。

一番手軽にできる方法ですので、まず何かやってみたいという人はここから入るようにしてみてください。

おすすめ美白有効成分一覧

医薬品で肝斑改善

医薬品での肝斑治療薬として有名なのがトランシーノです。肝斑改善の飲み薬として発売し、1日2回服用することで8割以上が改善効果を実感できるということで試してみたくなること必至のアイテム。しかし医薬品のため、ドラッグストアで購入するにも医師の許可が必要となる場合があるため注意しましょう。

楽天やAmazonでは手軽に購入できるためおすすめです。しかし内服薬のため、飲み合わせによっては危険な場合もあります。別の薬を飲んでいる人や、治療中の病気がある人は、必ずお医者様に相談するようにしましょう。

漢方で肝斑改善

肝斑改善に効果があると言われている漢方があります。それが以下の種類です。

・加味逍遙散(かみしょうようさん)
・桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
・当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)

加味逍遙散には血行改善によって代謝を高めたり、ホルモンバランスを整えたりといった効果があるため、肝斑に有効と言われています。薬などで体に無理な刺激を与えることなく自然治癒させたい人や、体質自体を改善したい人に向いた治療法と言えます。

ドラッグストアやオンラインショップでも気軽に購入できるため、試してみてはいかがでしょうか。

ツボ押しで肝斑改善

ツボ押しによって肝斑を改善するやり方です。

中でもホルモンバランスを整える中脘がおすすめ。同時に胃腸の働きも整える効果があるのもうれしいポイントですね。こちらも漢方同様、身体や体質自体を改善して肝斑改善につなげたい人におすすめです。

レーザー治療で肝斑改善

美容皮膚科などでの肝斑治療も可能です。これまでは肝斑はレーザー治療ができないシミとされてきましたが、低出力で行うレーザートーニングという治療法で肝斑を改善することができるようになりました。また、ケミカルピーリングやイオン導入など、治療方法がいろいろあるため、お医者様と相談のうえ決めるようにしましょう。

お金をかけてでも手術してキレイにしたいという人にはおすすめです。ただしこちらも100%改善できるという治療法ではないため、しっかり考えて決めるようにしましょう。

メイクアップで肝斑を目立たなくさせる

出かける予定があって今すぐにどうにかしたい!という人におすすめなのはスティックファンデでのメイクアップ。

硬めでありながら、薄くのばせたりポイントでカバーできるスティックタイプなら、厚塗り感を出さずにナチュラルにシミ無し肌にできますよ。

ほおっておけば肝斑は消える?

肝斑は50代後半から60代になると、閉経とともに薄くなったり消えていくと言われています。しかし紫外線を浴びすぎて悪化してしまった肝斑は消えにくい可能性もありますし、60代になったら消えるといっても、今消したいのよ!という30代40代の人がほとんどだと思いますので、本日ご紹介したやり方でぜひ肝斑改善していきましょう。

おすすめの美白有効成分一覧

それでは最後に美白コスメに配合されているシミ(肝斑)に有効な「美白成分」をご紹介したいと思います!

ビタミンC誘導体

ビタミンCを肌に取り入れやすい誘導体にした成分です。抗酸化作用があり、メラノサイト内の酵素チロシナーゼを抑制してくれます。

プラセンタエキス

動物の胎盤から抽出されるプラセンタエキスは、ビタミンC誘導体と同じく、メラノサイト内の酵素チロシナーゼを抑制してくれます。

トラネキサム酸

トラネキサム酸は肝斑の治療を目的とした内服薬にも配合されている成分です。抗炎症剤として使われていて、メラノサイト内の酵素チロシナーゼを抑制する働きがあります。

アデノシン一リン酸二ナトリウムOT

細胞のエネルギー代謝を高めて、ターンオーバーを促してくれます。ターンオーバーを促すという事は、必要以上に溜まってしまったメラニンを体外へ排出してくれるという事です。

リノール酸

リノール酸は、メラノサイト内の酵素チロシナーゼ自体を減らしてくれる効果があります。

甘草フラボノイド

甘草フラボノイドも酵素チロシナーゼの働きを抑える効果があります。

ヒト幹細胞培養液

こちらは本日のお問い合わせでお客様が気にされていた成分なのですが、
恐らく、ヒト幹細胞培養液は細胞を活性化させてくれる成分なので、メラノサイトを活性化 してしまったらダメなのでは とご心配されていたのではないかなと、、、。

しかしヒト幹細胞培養液は、基本的にメラノサイトに関してはメラニン生成を抑制してくれます!なので安心してご利用いただけたらと思います。

まとめ

肝斑を改善してノンストレスライフをおくりましょう!

というわけで本日は肝斑についてお届けいたしました。
本日お問い合わせいただいたお客様もご覧いただけたら嬉しいです。
ちなみに肝斑は紫外線やストレスによっても濃くなったりするので、紫外線ケア、ストレスケアについても併せてご覧いただけると良いかと思います!

他に気になる事がありましたら、チャットやお問い合わせからご相談いただければ本コラムを通じてお伝えしていきますので、 どしどしご相談いただけれたらと思います☆

それではまた明日~♪

参考サイト

品川スキンクリニック 美容皮フ科
緑の森皮フ科クリニック
とかく鍼灸いん
銀座ファインケアクリニック

この記事をシェアしてコスメをGET
この記事を書いたライター
サビーナウェルネスマガジン 編集部

サビーナ自然化粧品 美容部員によるメディア「美肌コラム」の編集部です。スキンケアやヘルスケアなど、肌に良い事、美肌、エイジングケアに関する事について様々な観点から記事を書き発信しています。