新規無料会員登録特典 クーポンプレゼント!
美肌コラムsabina beauty column
2020.6.29

マスク肌荒れ急増中!乾燥ケアに注目のコスメをご紹介

コロナ対策でマスクをつけての外出が必須となっていますが、
近頃はマスクが原因の乾燥・肌荒れに悩む人が多くなっています。

そこでなぜマスクをつけると肌が荒れてしまうのか、対策はどうすれば良いのかを今日のコラムでは書いていきたいと思います。

マスクによる肌荒れの原因とは?

マスクをつける事で生じる肌トラブルは、主に摩擦と湿気が原因で起こってしまいます。一見するとマスク内の湿気で潤いそうだけど、、、なんて思ってる人は間違っているので、今日のコラムを参考に、対策をしていきましょう。

マスク摩擦による肌トラブル

マスクをつけると、肌にマスクが当たってしまい、そこが擦れて肌へ余計な刺激を与えてしまいます。摩擦によって角質がはがれてしまい、お肌のバリア機能が低下してしまい、お肌の様々な肌トラブルの原因になってしまうわけです。

マスク蒸れによる肌トラブル

マスクをつけて会話をしたり、咳をしたり、くしゃみをしたりと、そういった時の出る唾液などにより、マスクの中は常に蒸れ蒸れ状態。

蒸れている状態というのは、雑菌が繁殖しやすい環境になっています。雑菌が繁殖しやすいという事は、ニキビなどの肌トラブルも起きやすい状態という事。

マスク乾燥による肌トラブル

マスクによる乾燥も、マスク内の蒸れからおこります。肌が蒸される事で、皮膚の表面に隙間ができ、それが原因で、マスクを外した時に中の蒸れと一緒に皮膚内の水分まで急激に蒸発してしまうんです。
その為一気に乾燥肌になってしまうんですね。

マスクトラブルを防ぐ為に必要な事

それではマスクによる肌トラブルをできるだけ防ぐ為に、日常で改善できる事をお伝えしていきます。これならできるかも、という事は是非実践してみてくださいね。

使うなら布マスクの方が◎

マスクは通常の使い捨て不織布マスクよりも、布マスクの方が通気性が良い為、蒸れたりしにくくなるのでオススメです。また、不織布マスクは化学繊維でできている為、布マスクよりもかぶれたりアレルギーが起こりやすいと言われています。不織布マスクを布マスクの違いは過去コラムをご覧ください。

2020.4.9ヘルスケア
コロナに負けない!布マスク・不織布マスクの洗い方オススメ洗剤でマスクの再利用

保湿ケアをしっかりする

保湿系のスキンケアクリームやベースメイク等を利用して摩擦を軽減しましょう。セラミド配合のものを利用すれば、バリア機能や保湿機能を司るセラミドを一緒に増やす事ができるのでオススメです。セラミドについては過去コラムをご覧ください。

2019.9.30スキンケア
うるおい保湿肌には必須!セラミドについて分かりやすくまとめてみました

紫外線ケアは怠らない

基本的にマスクは紫外線を通します。紫外線ブロックマスクなどがあれば別かもしれませんが、そうじゃなければUVケアは怠らないようにしましょう!

使った後はしっかりと洗顔をする

マスクを1日使用した後は、蒸れて雑菌が繁殖してしまった肌を酵素洗顔でキレイにしてあげましょう!もちろん洗った後は保湿系の化粧水やジェル、クリームなどで潤い補給してあげてくださいね!

マスク肌荒れにオススメコスメ

最後にマスクによる肌荒れにもオススメな保湿美容ジェルをご紹介させていただきます!
先ほど書いたように保湿系のスキンケアを選ぶなら、セラミドなどの成分が入ったものがオススメです。なのでオススメはこちら!

リッシュバリエールイミュ天然セラミド原液を医療レベルで使われる量で高配合した保湿美容ジェル。乾燥を防いでしっとりした肌へ。朝出かける前にも塗って、マスクの中の摩擦を軽減して、肌荒れも防いでくれます。もちろん夜の洗顔の後も使って保湿してあげましょう!

リッシュバリエールイミュ

まとめ

いかがでしたでしょうか?
仮にコロナがおさまったとしても、外出にマスクが必須の世の中になる可能性が大なので、いまからマスクありきのスキンケアも意識しておきたいですよね!
ぜひ今日のコラムを参考に意識してみてください^^

それでは今日はこの辺で!See you~♪

0
公式オンラインショップへ
CATEGORY MENU
TAG LIST